【DQMSL】モルボルパニックで、あのお方が優秀すぎる?

スポンサーリンク

モルボルパニック

公式サイトに以下の一文がある通り、ひたすらモルボルとモルボルグレートと戦闘するクエストです。まれにギルガメッシュやばくだん岩、モーグリなどの他モンスターが右端に1体現れることがあります。

※「モルボルパニック」は、9ラウンドまでモルボルたちが何度も出現するクエストです。9ラウンドを過ぎてから敵を全滅させると、クエストをクリアできます。

本当は記事にするつもりはなかったのですが、久しぶりにあのモンスターを使用したので記事にしてみました。

 えび太 

チェックポイント

このクエストは、他のクエストと比べて経験値が多くもらえます。運営様の意図は、モンスターのレベルアップではなく”冒険者の育成を頑張ってね”ということだ思いますので、育成が終わった証でガチガチに固めて周回することは無駄でしかありません。

Twitterなどに上がっていますが、継続ダメージ、毒、HP吸収を駆使して簡単にクリアすることが可能ですので、このクエストは、育成が終わっていない冒険者の証を装備してクエストに向かうべきです。

高速周回とか、そういった情報は無視しましょう。(あくまでも個人的見解です)

パーティ考察

自滅してもらうだけなので、戦う気がないパーティですみません。

特別条件

なし

パーティと装備紹介

モルボルやモルボルグレートは、くさい息(息)や、みだれうち(斬撃)を使用してきますので、オーシャンボーンに大剣豪のつるぎを装備させ、におうだちすることで両方の特技を反射しますので、ノーダメージでクリア可能です。ばくだん岩だけ苦手かもしれませんが。

そして、上で書いた通り毒要員のけがれの渦、継続ダメージ要員の災いの童子ラース、HP吸収のネオ・ドークをパーティに組み込んでいます。MPに不安がある場合は、リーダーに大魔王バーンや、わたぼう、ワルぼうなどを設定するとMP消費量が軽減できます。

モルボルパニック パーティ

大剣豪のつるぎを持っていない場合は、ワルぼうをリーダーに使いオーシャンボーンにアタックカンタを使用してあげてもよいかもしれません。ただ、1ラウンドしか効果がないのがネックです。。

リーダー特性

大魔王バーンを採用したので、消費MPが35%軽減されます。

モルボルパニック リーダー特性

冒険者の証

上で書いた通り育成が終わっていない冒険者の証をセットしましょう。私は、以下の証が育っていないので、経験値を貯めておきます。冒険者の証のパワーアップ素材が集めて、パワーアップしたら貯めておいた経験値分レベルが上がります。

斬撃・体技・呪文ダメージに依存しないため、証は何でもよいというメリットは大きいです。

モルボルパニック 冒険者の証

戦闘開始

大魔王バーンは、何もしなくて構いません。MP消費軽減要員です。ザオリクを付けた方も多いと思いますので、オーシャンボーンが落ちた際にはザオリクを使ってください。

あと、上で触れませんでしたが、ラースは「とくぎつかうな」に設定しておいてください。無駄に作戦行動でMP消費されると困るので。

継続ダメージ、毒、HP吸収

継続ダメージ、毒、HP救出で与えることができるダメージ量は以下の通りです。行動時にダメージを受け、2ラウンド目の行動後に自滅で倒すことが可能です。

モルボル

  • 継続ダメージ:7200
  • 毒ダメージ:4500
  • HP吸収ダメージ:9000

モルボルグレート

  • 継続ダメージ:36000
  • 毒ダメージ:22500
  • HP吸収ダメージ:45000

モルボルパニック 継続ダメージ

息と斬撃反射

検証件数は少ないので確定とは言えませんが、モルボル(グレート)は、くさい息か、みだれうちしか使用してきません。くさい息を反射すると、体感60~70%でモルボル(グレート)は、しびれて動けなくなります。

モルボルパニック 息反射

みだれうち反射時です。

モルボルパニック 斬撃反射

できれば気づいて欲しい

モルボルやモルボルグレートは、こちらに気づいていないと行動しません。毒や、継続ダメージを入れても行動しないため、ダメージを与えることができません。つまり1ラウンド分無駄になってしまうデメリットも。。

モルボルパニック 気づいていない

けがれの渦は不要?

くさい息を反射すると、ほぼほぼ毒状態になります。では、けがれの渦は不要では?となりそうですが、モルボルやモルボルグレートの1回目の行動は、くさい息を使用することが多いですが、みだれうちを使用することもあります。

みだれうちを使用されると、毒ダメージ分が不足して、2ラウンド目で自滅してもらうことができません。9ラウンド以内にいかに少ないラウンドで倒していくかが、より多くの経験値を得れますので、私はけがれの渦は毎回つれていています。

最後に

大魔王バーンですが、フレンドさんからサポートに出してと手紙をいただいたことがきっかけで、この記事を書くこととなりました。

今は、モンスターのMP回復が当たり前になりましたが、昔はわたぼうをリーダーにしてMP消費を抑えながらクエストに挑んだものです。

そして、ぶっ壊れを期待されて登場したバーン様。見事にDQMSLプレイヤーの期待を裏切った仕様に・・・誰も文句は言わないと思いますので、強転生させてあげてください。

あ、タイトルのあの方は、バーン様ではなくてオーシャンボーンです。w

コメント