[DQMSL] 銀の宝珠枯渇問題を考える

わたぼうポイント交換 初心者の栞(しおり)
スポンサーリンク

4回目の記事にして・・・

このサイト運営者のDQeiteさんが、このWordpressにプラグインを入れていただき編集がしやすくなり、投稿の気合いが入っているのですが、4回目の記事にして、書くネタがなくなりつつある危機に瀕している、えび太です。

4回目の記事は、銀の宝珠枯渇問題について私の考えを書きます。

銀の宝珠枯渇問題

廃課金の方なら陥ることはないと思いますが、冒険者の証の登場により無課金・微課金勢で銀の宝珠が足りないという話をよく聞きます。実際に私も足りていません。

少し銀の宝珠を振り返り

銀の宝珠は、DQMSL Ver.7で登場し、当初はランキングクエストなどで大活躍する装備などと交換用のアイテムとして登場しました。さらに、DQMSL Ver.8で登場した冒険者の証のパワーアップ素材としても使用されるようになりました。

銀の宝珠の入手方法

銀の宝珠の入手方法は以下です。特に、わたぼうポイントの交換は、Ver.7で登場しているにも関わらず見落としがちです。

  • ガチャで排出されるまほうの地図を売る
  • ガチャで排出されるモンスターをお別れする
  • おまけアイテムふくびき
  • ランキングクエスト開催時の冒険スタンプ
  • クエストミッション
  • わたぼうポイントで交換
  • マスターボードのマスター特性

得られる銀の宝珠数

ガチャ排出のまほうの地図の売却や、ガチャ排出モンスターとのお別れで得られる宝珠は以下です。さらに、神獣や魔王はサブ系統の宝珠がもらえます。

Bランクスタートモンスター 系統の宝珠1個、銀の宝珠10個
Aランクスタートモンスター 系統の宝珠5個、銀の宝珠50個
Sランクスタートモンスター

SSランクスタートモンスター

系統の宝珠5個、金の宝珠2個

2021年6月以降に、集中的にモンスターの調整が行われると宣言されていますので、今使えなくても、今後大活躍するモンスターとなる可能があるため、地図の売却や、モンスターのお別れには注意してください。

わたぼうポイントについて考える

毎月ですが、わたぼうポイントで、銀の宝珠50個セットが10回交換できます。無課金、微課金に優しいシステムです。

では、8周年でDQMSLを始められたかたも多いと思いますので、おさらいを含めて、わたぼうポイントについて、私の所感を書かせていたいただきます。

わたぼうポイント交換

わたぼうポイントの注意点

最初に、わたぼうポイントは、まほうの地図の売却時にか入手できません。「まほうの地図から最大レベルで出現キャンペーン」で、地図から出してゴールドを稼ぐ方法を、動画サイトやTwitterなどで見かけましたが、これは必ずしも正解ではありません。

わたぼうポイントがもらえるのは、まほうの地図売却時で、地図から出してモンスターとお別れの時には、わたぼうポイントはもらえません。この点に注意してください。

実は、あのふくびきで・・・

格闘場ふくびきの、5等で入手可能なモンスターの地図の一部に、わたぼうポイントに交換が可能な地図が排出されることがあります。入手の難易度の低さと活躍はできなさそうなので、気兼ねなくわたぼうポイントと交換できます。

格闘場ふくびき

以下9体のモンスターは、わたぼうポイントが20ポイントもらえるので大当たりです。※検証数がすくないため、他にわたぼうポイントがもらえるモンスターもいるかもしれません。

闘技場福引大当たり

なんと銀の宝珠も、もらえるモンスターも排出されます。それは、まさかのダンビラムーチョで超絶大当たりです。運が悪いのか600連で1体しか出ませんでした。

ダンビラムーチョは、超絶大当たりと考えながら、格闘場ふくびきを引くと少しは楽しめますよ。

闘技場福引超大当たり

まとめ

結局、銀の宝珠の枯渇は仕方ないですが、最低限できることがありますというのが今回の記事まとめです。

  • まほうの地図売却は計画的に
  • リーグバトルは毎日5戦やりましょう。
  • 毎月わたぼうポイントで銀の宝珠と交換

最後に

4月のマスターズGPの新規杯って何だろう。まさか、初めて1年の人しか参加できない?

 

えび太 Twitter:https://twitter.com/ebita_dqmsl

初心者の栞(しおり)
スポンサーリンク
えび太をフォローする
DQMSLと、時々DQ8メモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました