【DQMSL】勇者の試練 10ラウンド安定攻略

冒険者クエスト
スポンサーリンク

今ごろ勇者の試練攻略!?

そもそも、勇者の試練の攻略記事を出していなかったことと、2021年4月26日(月)からの冒険スタンプミッションは、勇者の道 勇者の試練ではないかと推測し、先駆けて記事を公開することにしました。

チェックポイント!

勇者の試練は、与えたダメージ量により、ドラゴン守護神ゴーレム闇の覇者りゅうおうアレフガルドの伝説の順に変身します。変身毎に属性弱点が変わるため、パーティの属性攻撃は偏らないように組みましょう。

メラ系属性は厳しい

全変身を通してメラ系属性攻撃が無効です。メラ系以外のモンスターでパーティを組みましょう。

パーティ考察

以前使用していたパーティで、当時より斬撃系の証の育成は進みましたが、まったく同じ10ラウンドでクリア。成長していません。w

特別条件

以下の特別条件が付きます。属性ダメージ+30%は、大きなアドバンテージとなるので属性ダメージパーティ攻略がお勧めです。

  • 同じモンスターの重複禁止
  • 全属性効果+30%

パーティと装備紹介

闇の覇者りゅうおうは、リーダー特性が優秀で3ラウンド目のメインアタッカーです。

守護神ゴーレムアレフガルドの伝説はドルマが弱点のため、邪神官ハーゴンを入れています。また、ドラゴンと闇の覇者りゅうおうは、ドルマが激減ですが、少しでもダメージ量を上げるために、シルバリヌス“アビスソード”でドルマ属性防御を下げます。

MP不足に陥りやすいパーティ構成なので、対策でグレイナルを入れています。“マジックバリア”持ちのハーゴンでもよかったのかもしれません。オーシャンボーンの行動順は、一番最後となるように調整します。

勇者の試練 パーティ

サポートは、凶帝王エスタークをお借りしています。なければ防御力ダウン系特技が使用できるダーク・ドレアムでも良いのですが、リーダー特性が?系にしか恩恵がないため、このパーティに組み込むことはお勧めしません。

レア特技

レア特技というほどでもないですが、グレイナルにピオリムとバイシオン、オーシャンボーンにピオリムを付けています。

リーダー特性

攻撃力+43%アップです。

勇者の試練 リーダー特性

冒険者の証

証は、斬撃系で固めています。

勇者の試練 冒険者の証

戦闘開始

各モンスターの重要な行動だけ列挙しています。

第1形態 ドラゴン

第1形態の重要点は、2ラウンド目に“しゃくねつ”“竜の息”、4ラウンド目に“竜の息”オーシャンボーンでどう対策するかです。

勇者の試練 1ラウンド目

1ラウンド目

ドラゴンは意外と素早いようで、1ラウンド目にオーシャンボーンで、におうだちして2ラウンド目の息攻撃を反射します。シルバリヌスは、全ラウンド“アビスソード”のみ使用です。

  • 邪神官ハーゴン:暗黒弾
  • グレイナル:晴天の守り
  • オーシャンボーン:におうだち
  • 凶帝王エスターク:凶帝王の双閃

勇者の試練 1ラウンド目

2ラウンド目

このラウンドは準備に充てます。

  • 邪神官ハーゴン:邪神召喚
  • グレイナル:ピオリム
  • オーシャンボーン:バイシオン
  • 凶帝王エスターク:爆炎の絶技

3ラウンド目

“ピオリム”2段階目が重要です。

  • オーシャンボーン:ピオリム

4ラウンド目

素早さ2段階アップ状態なので、ドラゴンより先に動くと思います。4ラウンド目のオーシャンボーンの行動タイミングで“におうだち”を使用します。

  • オーシャンボーン:におうだち

第2形態 守護神ゴーレム

第2形態変身後の守護神ゴーレムが使用する“スチームブラスト”が厄介で、受けると確率で素早さが2段階下がります。ここで、行動順がバラバラになると後々の攻略で苦労しますので、ここでもオーシャンボーンに受けきってもらいます。

また、守護神ゴーレム変身後2ラウンド目に“ちからだめ”を使用し、3ラウンド目の“はげしいじひびき”で壊滅してしまいますので、全力で攻撃します。

5ラウンド目

“スチームブラスト”を受けて素早さ順が乱されると、次形態変身時に厳しくなります。“スチームブラスト”は1体20程度のダメージしか受けませんので十分耐えきれます。

  • オーシャンボーン:におうだち

勇者の試練 5ラウンド目

6ラウンド目

オーシャンボーンの素早さが2段階下がっていますので、“ピオリム”2回で通常の素早さに戻します。

  • グレイナル:ピオリム
  • オーシャンボーン:ピオリム

勇者の試練 6ラウンド目

第3形態 闇の覇者りゅうおう

第3形態変身後の闇の覇者りゅうおうは、変身後の1ラウンド目呪文防御を下げてきて、次ラウンドの“ベギラゴン”で壊滅パターンが多いです。

7ラウンド目

“やみのばどう”は、攻撃力、守備力、呪文防御、息防御を下げてきます。今、考えると6ラウンド目で、オーシャンボーンで、“におうだち”しておけばよかったかもしれません。

勇者の試練 7ラウンド目

8ラウンド目

闇の覇者りゅうおう変身2ラウンド目に、“ベギラゴン”を使用してきます。ギラ耐性が1段階下がった状態で判定されますので、対策していないと結構なダメージを受けます。

勇者の試練 8ラウンド目

第4形態 アレフガルドの伝説

第4形態変身後の1ラウンド目に、“竜王の息吹”を使用し受けると行動停止になります。変身前にオーシャンボーンでにおうだちしておけばよかった。と振り返り。

9ラウンド目

“邪神の乱撃”の威力すごいことになっています。

勇者の試練 9ラウンド目

10ラウンド目

最後は、“覇者の竜牙”で10ラウンドクリアです。

勇者の試練 10ラウンド目

YouTubeプレイ動画

【DQMSL】勇者の試練 アンルシア無し斬撃パで安定10ラウンドクリア

振り返り

凶帝王エスタークをサポートに出しくれているフレンドの方探すのは大変かもしれませんね。星2の凶帝王エスタークをお借りしたのですが、最後はMPがギリギリでした。

今週は、忙しくこの記事だけとなりまたが、ゴールデンウィークは時間が取れそうなので、3本ぐらいは記事を書きたいと考えています。

ブログ記事とYouTube公開告知用のTwitterを開始しました。よろしければフォローお願いいたします。

https://twitter.com/ebita_blog
冒険者クエスト
スポンサーリンク
シェアする
えび太をフォローする
DQMSLと、時々DQ8メモ

コメント