【DQMSL】ドルマ使いの試練 2ラウンド攻略

ドルマ使いの試練 冒険者クエスト
スポンサーリンク

冒険者クエスト

こんにちは、えび太です。

今回は「ドルマ使いの試練」の攻略記事を書きます。ふと思ったのですが、「ドルマ使いの道 試練」ではないのは、なぜなんでしょうね。

特別条件

「ドルマ使いの試練」では、以下の特別条件が付与されます。

  • 同じモンスターの重複禁止
  • 敵全体に3ラウンド無属性無効
  • ギラ効果+30%

パーティ考察

試練系の冒険者クエストは、特別条件に「同じモンスターの重複禁止」が付くため、どうしても難易度が高くなります。特にフレンド枠のモンスターが、自分の望んでいるモンスターが設定できないのも難易度を上げる一因です。

ドルマ使いの道 地獄級同様に、ギラ系効果+30%が付与されますので、パーティはギラ系で固めると優位に戦闘が進められます。

パーティ構成

意外と忘れられているかもしれませんが、「カボダタ」は、特性の「バルクアップ」により、いきなり攻撃・呪文ダメージ2倍です。デスカイザーとの「ベギラゴン」コンボは魅力です。

素早さは、ハドラー>ミルドラース>はめつの使者>カボダタ、デスカイザー>オムドの順となるように割り振っています。リバース後、この順が逆転するので2ラウンド目の最後の行動はハドラーです。

ドルマ使いの試練 パーティ

リーダー特性

リーダー特性は、呪文効果38%火力を押し上げます。

ドルマ使いの試練 リーダー特性

冒険者特性

冒険者特性は、以下の組み合わせでギラ呪文+130%で、リーダー特性と組み合わせるとギラ系呪文+180%です。

  • ギラ系ダメージ+50%
  • 呪文ダメージ+80%

ドルマ使いの試練 冒険者特性

戦闘開始

特に何も考えずに、呪文防御を下げてからギラ系呪文を使うだけです。

1ラウンド目

「ミルドラース」の「魔界の洗礼」で、呪文防御ダウン後に「デスカイザー」「カボダタ」「はめつの使者」のベギラゴンで「マクロベータ」をギリギリ落とさない程度のダメージで2ラウンド目を迎えるのが理想です。今回は、マクロベータ1体に呪文防御ダウンが入りませんでしたが、闘を続行します。

ハドラーは、超魔力かくせいを使用しています。

ドルマ使いの試練 1ラウンド

2ラウンド目

オムドの行動後の「ベギラゴン」を使用して、3体のマクロベータを落としました。

ドルマ使いの試練

無理だろうと諦めていましたが、「ミルドラース」が3回行動をしてくれたので、若干希望が見えてきました、続けて「はめつの使者」でマクロベータを落とし切りました。

ドルマ使いの試練 2ラウンド目

あとは、ハドラー頼みです。残りのHPを削り切れるのか・・・

ドルマ使いの試練 2ラウンド目2

5連携が乗って、驚異的な威力を叩き出してくれています。

ドルマ使いの試練 2ラウンド目3

倒し切りました。ハドラー様様です。ミルドラースが、全モンスターの呪文防御を下げてくれたらもっと簡単だったかもしれません。

ドルマ使いの試練 2ラウンド目4

YouTubeプレイ動画

【DQMSL】ドルマ使いの試練2ラウンド攻略

振り返り

地獄級でカボダタを使っていなかったので、ドルマ使いの試練で使ってみましたが、ギラ杖を装備すればベギラゴンだけであれば、デスカイザーと同等ですね。次は、どこかで「ゾンダタ」をつかってみたいなと振り返りでした。

最後に

ブログ用にTwitterを作成しました。よろしければフォローお願いいたします。

Twitterは、記事下のプロフィールにリンクを貼り付けています。

冒険者クエスト
スポンサーリンク
シェアする
えび太をフォローする
DQMSLと、時々DQ8メモ

コメント